コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

横河ブリッジホールディングスグループ(以下、当社グループといいます)は、「社会公共への奉仕と健全経営」の理念のもと、誠実なモノづくりを行い、良質で安全な社会インフラの整備等を通じて社会に貢献します。

当社グループが有する豊富な人材と高い技術力を活かし、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現させることで、ステークホルダーからの信頼を獲得します。

さらに、企業活動を進めるにあたっては良き企業市民としての自覚を持ち、コンプライアンスの徹底、リスクの適切な管理を行うとともに、働く人々が信頼感で結ばれ、安全で安心して生活できる企業づくりに努めます。その実現のため、以下の5点を基本方針として、コーポレートガバナンスの充実に取り組んでまいります。

基本方針

  • ①株主の権利を尊重し、株主の実質的な平等性を確保します。
  • ②株主をはじめとするステークホルダーとの適切な協働に努めます。
  • ③会社情報を適切に開示し、透明性を確保します。
  • ④取締役会の役割・責務を適切に遂行し、透明かつ機動的な意思決定を行います。
  • ⑤当社の長期安定的な成長の方向性を株主と共有して建設的な対話に努めます。

コーポレートガバナンス体制の概要

当社は、取締役会、監査役会および会計監査人設置会社であり、グループ横断的にリスク管理、コンプライアンス体制、内部監査体制を構築し、グループガバナンスを行っております。また、社外取締役2名、社外監査役3名が取締役会の意思決定の過程や取締役の職務の執行状況を監督・監査しております。

さらに、事業に関することについて、事業会社から重要案件の事前承認や事業の遂行状況の定期的な報告等を受け、事業会社間の調整を行い経営管理することで、グループの発展および企業価値の向上に努めております。

また、ホールディングス取締役を事業会社社長が兼務することで、事業会社社長は株主に責任を持った連結の考え方で、経営の全体適切を実現し、シナジー効果を追求しています。

取締役会

当社グループ経営の意思決定のため、取締役会を原則として月1回開催し、当社グループの経営基本方針・計画等の策定および達成状況の評価、事業会社における重要な経営事項、その他業務執行に関する重要事項の審議・決定ならびに各取締役の業務執行の監督を行っております。

取締役のうち3名は主要な事業会社の社長を兼務しております。さらに、当社の取締役でない主要な事業会社の社長4名も取締役会に出席しております。なお、社外取締役2名は株式会社東京証券取引所の規定に基づく独立役員であります。

また、取締役の指名および報酬の決定に対して、独立社外取締役を主要な構成員とする「指名諮問委員会」「報酬諮問委員会」を設置し、取締役会に意見・具申等を行うなど、取締役会や監査役会を支援することで一層のコーポレートガバナンスの強化を図っております。

常務会

当社は、業務執行を円滑に行うため、社外取締役を除く取締役、常勤監査役、事業会社の社長で構成される常務会を、原則として月1回開催し、事業会社における重要な経営事項、その他業務執行に関する重要事項について、必要な情報の提供を受けて審議を行っています。

ガバナンス体制図