統合報告書

横河ブリッジホールディングスグループは、「統合報告書2021」を9月14日に発行いたしました。

本統合報告書は、当社グループの「社会公共への奉仕と健全経営」の実現に向けた取り組みを、ステークホルダーの皆様へお伝えするため、新たに発行したものになります。全体の構成はIIRC(国際統合報告評議会)「国際統合報告フレームワーク」を参考にしており、財務情報および非財務情報については、現状持ちうるデータを整理し、分かりやすい表現に努めました。

ステークホルダーの皆様におかれましては、本統合報告書が、当社グループに対するご理解の一助となれば幸いです。

また、気候変動による当社グループの事業への影響につきましては、「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)」の提言を受けて、リスクへの対策など、今後の対応を検討しております。

2021年度 統合報告書

▲PageTop